ヘモグロビンA1cは、糖尿病の発見に役立つと言われています。ヘモグロビンA1cは、血液中のヘモグロビンにブドウ糖がくっついたもので、糖尿病により血液中にブドウ糖が多くなると、ヘモグロビンがブドウ糖と結合し、ヘモグロビンA1cとなり、血中に存在することになるのです。そのため、この特性を利用し、血液検査でヘモグロビンA1cの状態を見ることで、血中の糖の状態を知ることができ、糖尿病を診断する時に役に立ちます。ヘモグロビンA1cの値は、正常な人で5.8%未満となっており、6.6〜7.9%でやや高め、10%以上で非常に悪いというように、数値が上がるにつれて血液中に血糖が多いことを表わしており、糖尿病の状態が良くないということを示しています。ヘモグロビンA1cの検査は、血糖値検査や尿糖検査のように食事や体調、ストレスなどに左右されにくく、過去1〜2カ月の血糖値の平均値を知ることができるので、血糖値検査や尿糖検査だけでは判断しきれなかった糖尿病を診断することができるでしょう。ヘモグロビンA1cの値は、糖尿病の早期発見に役立つだけでなく、糖尿病患者の血糖コントロールの状況も知ることができます。糖尿病は、初期には自覚症状がないため、気付いた時には悪くなっていたり、重い合併症の危険もありますので、早期発見のためにもヘモグロビンA1cを検査してみるとよいのではないでしょうか。